相続相談と相手先選択

ひらめき自身が相続人となり、相続税の発生が確実な場合、あるいは家族親族間の諸事情から、相続発生に際し、何らかのトラブルの懸念が過ごせぬ状況である場合など、事前に然るべき準備と対策を講じねばなりません。ですが安易に親しい知人に話せる内容でもありませんし、こうした話が可能な家族親族間では、話し合いが堂々巡りから、時に感情的に主題が逸れてしまう可能性が否めません。あくまで第三者的存在で、その内容すなわち秘密厳守を確約してくれ、更には相続とそれに関する専門知識に長けた人物でなければ、簡単に相談を持ち掛ける訳には行かず、その相手を正しく選択する作業が欠かせません

仮にみなさんがこうした当事者の立場に置かれたと仮定して、果たして真っ先にどのような人物を相談相手に思い浮かべられるでしょうか。複雑な法律が絡み、時に家族間が泥沼状態の緊張関係に陥ってしまうとの噂や事例から、弁護士を挙げられる方々も大勢いらっしゃるかも知れません。あるいは税金関連の命題だからと、役所や税務署を訪れる事を思い浮かべられたかも知れません。

ここでは実質全ての方々の現実問題となる「相続」に視線を合わせ、相続相談の必要性や相談相手の選択に際し、ぜひ踏まえておいていただきたい知識とその理由をご説明申し上げます。相続問題に直面もしくは間近の方々のみならず、現時点で自身には無関係と捉えておられる方々にも、ぜひ最後までご一読いただきたい内容をお届けします。